美肌

美肌になれる食べ物って?食生活による美容法と、肌荒れの原因

日々を頑張る女性にとって、肌悩みは尽きないですよね。最近では男性でも美肌ケアに取り組んでいる方は多く、「あれ、私よりも肌がキレイ…」とショックを受けることもあるのではないでしょうか?

美肌になるために、高級なスキンケアを揃える方もいれば、質の高いメイクアップ用品を探し回る方もいらっしゃいますが、もっと身近に美肌のヒントは隠されています。

それは、毎日の食事。食生活に気を配るだけで、高い化粧品を買わずとも美肌を目指すことは出来るのです。

 

この記事では、美肌になれる食べ物や、肌荒れの原因についてお話していきます。美肌に近づく食生活のための参考にしてみて下さいね♪

 

肌荒れってなんで起こるの?

肌荒れの主な原因

そもそも、肌荒れはなぜ起こってしまうのでしょうか?

肌荒れの原因には、下記が挙げられます。

 

・内臓が疲れている/不調

・ホルモンバランスが乱れている

・紫外線などの外的刺激

・ストレス

・偏った食生活による、栄養不足

 

特に上記で注意したいのは、内臓の疲れによる肌不調。肌トラブルといえば、紫外線などのイメージが強いですよね。ですが、中国漢方の教えで、肌は内臓の鏡であるという考え方があるほど、内臓の調子は肌にダイレクトに影響してしまうのです。

 

内臓と肌は密接な関係にある!

内臓の中でも特に肌に影響を及ぼすのが、「肝臓」と「腸」です。

 

・肝臓と肌の関係

肝臓と言えば、アルコールを解毒することで知られている臓器ですよね。「沈黙の臓器」と呼ばれるほど我慢強い特性があり、普段の生活から気を使う必要があります。

肝臓は、体内に入ってきた食物を解毒したり、体内の不要物を排出したりする、「体内ろ過装置」のような働きをし、肝臓が弱ると体内に毒素が巡ってしまうので肌不調が起こりやすくなります。

 

そんな肝臓を健やかに保つには、どのようにしたらいいのでしょうか?

まずは、1日3食バランスの取れた食事をし、食べる時にはゆっくり咀嚼をすることが大切。

肝臓は添加物の毒素も解毒してくれるので、出来るだけ添加物は避けて負担を減らしてあげましょう。

ちなみに、肝臓を元気にする栄養素はタンパク質ですので、意識して摂取するように心がけてください。

 

・腸と肌の関係

最近巷でブームの「腸活」は、腸内の環境を整えることで、美容健康を維持するという活動のことですが、美肌に効果との口コミも多く挙がっています。

その理由は、腸が栄養素を体内に行き渡らせる働きをするためで、腸の機能が活発だと、身体や肌に栄養がしっかりと行きわたり、健康で美しい状態が保てるのです。

 

では、腸が不調になるとどのようなデメリットがあるのでしょうか?腸は不要な毒素やガスなどを排出する役割も担っているのですが、腸の調子が悪くなると、これらが排出しきれなくなり、腸内に老廃物がどんどん溜まっていってしまいます。溜まったガスや老廃物が血中に巡ることで、それらが肌まで届きトラブルの原因になってしまうのです。

特に、便秘に悩んでいる方や、吹き出物に悩まされている方は腸内の環境が悪化している可能性が高いです。

 

腸内の環境を改善するのに有効なのは、腸内に住む善玉菌の一種である乳酸菌を摂取することや、消化吸収に効果的な食物繊維を摂取すること、水分をしっかり補給することなどです。

ちなみに、胃と腸は繋がっていますので、胃の負担をやわらげることも腸内環境の改善に繋がります。冷たいものを避けたり、暴飲暴食を控えたりすることで、胃の負担が軽減され腸への橋渡しがスムーズになりますので、意識してみましょう。

 

内臓と肌の関係性が分かったところで、それでは美肌に効果的な食べ物には何が挙げられるのでしょうか?次項にて解説していきます。

 

美肌に効果的な食べ物

食物繊維を豊富に含む食べ物

前述した通り、食物繊維は食べ物の消化吸収を促す成分。

腸内の環境を整えるには、腸内に住む「善玉菌」という菌を増やすことが効果的です。そしてこの食物繊維は、善玉菌のえさとなって腸内のお掃除に役立ちます。

食物繊維を豊富に含む食べ物の代表は、以下の食べ物です。

 

・豆類

・ごぼう

・海藻類

・キノコ類

・アボカド

・大麦

・おからや納豆などの大豆製品

 

ちなみに、腸内には善玉菌の他にも悪玉菌という肌荒れの原因菌が住んでいます。善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になると腸内環境は悪化し、肌トラブルを招きます。

 

腸内を整える、発酵食品

発酵食品には、腸内環境を整える善玉菌が豊富に含まれています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、美容健康の維持に人気の食品ですよね。

腸に良い発酵食品には、以下が挙げられます。

 

・納豆

・キムチ

・味噌

・ぬか漬け

・かつおぶし

・ヨーグルト

・チーズ

・酢

・麹

 

血の流れを良くする食べ物

私たちの身体中を巡る、血液。肌や髪の毛など、身体の隅々にまで栄養を運ぶ重要な存在です。血液の流れが良くなり、細胞に栄養がちゃんと届けられると肌を美しく保つことができますので、ぜひ以下の食べ物を積極的に摂り、血行促進につなげて下さいね。

 

・かぼちゃ

・赤ピーマン

・うなぎ

・アーモンド

・抹茶

・卵黄

・アボカド

・レバー

・牛肉

・かつおぶし

 

お悩み別:美肌になれる食べ物&栄養成分

ニキビ改善

ニキビは毛穴に皮脂や老廃物が詰まった状態ですよね、脂質を代謝してくれる成分を積極的に摂取することが、悩み解消の糸口になります。

脂質の代謝に効果的なビタミンB群はレバーやうなぎから、皮脂を抑えるビタミンAは人参やかぼちゃから摂取しましょう。皮脂酸化を防ぐビタミンCは柑橘類に豊富に含まれます。

【ニキビ改善に効果的な成分】

ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンC

 

保湿効果

肌にはもともと備わっている保湿成分があります。それらを支えるのは、コラーゲンやセラミドなど、肌の土台となる成分。サーモンやクルミなど、オメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸など)を含む食材がおすすめですよ。

【保湿に効果的な成分】

タンパク質、α-リノレン酸、オレイン酸

 

エイジング対策

シワやたるみ、くすみなどの年齢肌の悩みには、ビタミンやタンパク質を豊富に含む食べ物が効果を発揮します。

シワやたるみに対して効果的なのは、肌のハリをアップさせるコラーゲンを生み出す成分で、タンパク質やビタミンC、亜鉛や鉄がこれに該当します。肉類や魚介類、卵などを積極的に摂りましょう。

また、くすみには血行を促進する、ビタミンEや鉄、亜鉛が効果を発揮します。血行促進の食べ物としては、ナッツやうなぎがおすすめですよ。

【エイジングに効果的な成分】

・シワやたるみ:タンパク質、ビタミンC、亜鉛、鉄

・くすみ:ビタミンE、鉄、亜鉛、ビタミンC

 

美白効果

肌は、紫外線などの外的刺激に当たることで、メラニンという物質を分泌します。このメラニンが「チロシナーゼ」という酵素と結びつくことで、シミや黒ずみが出てきてしまうのです。

つまり、このチロシナーゼを抑制すればシミや黒ずみの予防になるということ。それに役立ってくれるのが、柑橘類などに含まれるビタミンCです。食べ物からの摂取はもちろん、スキンケアとしても美白効果を発揮してくれますよ。

【美白に効果的な成分】

ビタミンC

 

まとめ

いくつになっても憧れる、美肌。老若男女を問わず、美しい肌を持つことはその人の魅力を最大限にアップさせる要素になります。

また、肌が荒れていると、なんとなく気持ちが塞ぎがちになってしまったり、人とあることに消極的になってしまったりしますよね。折角のチャンスを肌荒れのせいで逃してしまうのは、非常にもったいないことです。

毎日毎食、きっちりと食事のバランスを整えることは難しいかもしれませんが、ささいなことから気を付けていけば、それだけでも一歩美肌に近づけるはず。

今回ご紹介した食べ物を積極的に摂って、もっと自信の持てる肌を手に入れて下さいね♪