美肌

毎日の食べ物が美肌に直結!食事でキレイな肌の基礎作りをしよう

「美肌」と聞くと、ついついスキンケアを意識してしまいがち。もちろん、スキンケアも大切ではあるのですが、もう一つ、重要なことがあります。

それは、食べ物。私たちが普段何気なく口にしている食べ物は、全て身体に吸収され、栄養源として吸収されていきます。つまり、この食べ物が私たち肌を作っている、ということです。

また、肌は内臓の状態を表す器官であるとも言われています。その内臓が疲れてしまっていると、肌のトラブルにも繋がりますので、内臓にも優しい食事選びをしたいところですよね!

 

食べ物がお肌を作っている!美肌は内側から

なぜ食べ物が美肌に効果的なの?

食べ物は私たちの身体に吸収されて、それぞれ必要な栄養素を分配されていきます。そして、私たちの身体はまず生命維持を優先し、美しくなるために働くのは最後の仕事。バランスの取れた食事をしない限りは、いつまでたっても肌にとって有用な栄養素が活用されません。

栄養バランスが崩れている人は、まずスキンケアよりも先に普段の食事を見直してみましょう

 

内臓の弱りにより、肌悩みが起こっているかも?!

「肌は内臓の鏡」という言葉があるのはご存知ですか?これらの肌悩みの原因は、実は内臓の弱りが起因している可能性があります。

 

<肝臓の弱り>

・シワ

・シミ、くすみ

 

<腸内環境の悪化>

・ニキビ、吹き出物

・肌荒れ

・くすみ

 

内臓の機能が低下すると、それぞれの役目を全うすることが出来ません。例えば、肝臓は解毒を担当している器官ですが、肝臓が弱ると、添加物など身体にとって害のあるものが解毒されきれなくなります。

また、腸は身体の免疫機能の7割を占めている大切な臓器ですが、この腸内のバランスが崩れると腸が不調になってしまい、本来排出されるべきものが排出されずに溜まってしまったりもします。それが血管に伝わり、肌に届き、ニキビなどの肌荒れにつながる可能性が高いのです。

 

肌と内臓には深い関連性がある

食べ物を解毒してくれる作用をもつ「肝臓」、消化吸収をしてくれる「腸」、それぞれの働きと肌の関連性は非常に深いことは分かりました。

では、普段の食生活でこれらが良くなるようにするには、何が有効なのでしょうか。

 

・肝臓の場合

肝臓の機能正常に保つには、規則正しい食生活が大切です。1日3食しっかり食事をし、食事はよく噛みゆっくりと味わいましょう。肝臓にはたんぱく質が必要ですので、たんぱく質を含むバランスの取れた食生活をしましょう。

そして、肝臓は解毒作用を担当している臓器ですので、添加物やアルコールなどもこの肝臓が無害化するように頑張ってくれています。負担をかけすぎてしまうと肝臓が弱まってしまいますので、これらの多く含まれているものの摂取はほどほどにしましょう。

 

・腸の場合

腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在します。善玉菌が優勢な状態だと腸はしっかり働き、肌にもプラスなことが沢山。善玉菌の1種である乳酸菌を摂取するのが、腸の働きを活性化させるには有効です。

また、腸は消化吸収をしていますので、その働きを助ける食物繊維などを積極的に摂取するのも良いでしょう。便秘を防ぐため、積極的に水分も摂取しましょう。

 

お悩み別:美肌に良いオススメの食べ物

ニキビ・吹き出物

ニキビには皮脂過剰を防ぐビタミンB2とB6が良いとされています。

 

<ビタミンB2を多く含む食べ物>

アーモンド、卵、牛乳

 

<ビタミンB6を多く含む食べ物>

卵、緑黄色野菜、魚

 

避けた方が良いのは、皮脂過剰に繋がる、糖分や脂肪分の多い食べ物とカフェインです。カフェインは、ビタミンやミネラルを排出させてしまうので、皮脂の分泌がされやすくなってしまうのです。詳しくは後述します。

 

乾燥肌

乾燥には保湿力の高いヒアルロン酸と、新陳代謝を促してくれる亜鉛を摂取すると良いです。

 

<ヒアルロン酸を多く含む食べ物>

動物の軟骨

ふかひれ

 

<亜鉛を多く含む食べ物>

牡蠣、帆立、納豆

 

シワ、たるみ

シワやたるみといった肌悩みには、肌のハリを取り戻すことが大切。肌を作る、ビタミンC、鉄分。タンパク質がオススメです。

 

<ビタミンCを多く含む食べ物>

レモン、オレンジ、グレープフルーツ、イチゴ、葉物野菜

 

<鉄分を多く含む食べ物>

かつお、ひじき

 

<タンパク質を多く含む食べ物>

肉、魚、大豆、卵

 

美肌のためには避けた方がいい食べ物

美肌に効果的な食べ物についてご紹介してきましたが、食生活によって、折角の栄養素が台無しになってしまう場合があります。

下記の食べ物・飲み物は美肌にとっては疑問の残ってしまう成分が入っていますので、できる限り摂取を控えましょう。

 

・カフェイン

コーヒーやお茶に多く含まれる成分ですが、ビタミンCを破壊する働きがあります。ビタミンCには抗酸化作用がありますので、これが減ることにより、肌のくすみなどの原因になります。また、肌の新陳代謝も遅らせます。

 

・油分が多い食品

揚げ物、スナック、ファストフードをはじめとした、脂の多い食生活は肌の酸化を早めてしまうので要注意です。

 

・冷たい食べ物

冷たいものは内臓を冷やしてしまい、血行が悪くなります。胃腸などに負担をかけてしまい消化がしにくくなるので、浮腫みの原因にも繋がります。

 

美肌効果の高い栄養素

たんぱく質

たんぱく質は私たちの身体を作る、大切な栄養素です。例えば、コラーゲンってお肌に良いことで有名ですよね。あのコラーゲンもたんぱく質の一種です。ちなみに、体内のたんぱく質の3割はコラーゲンが占めていると言われていますよ!

 

ビタミンC

ビタミンCがなぜ肌に良いのかというと、体内でコラーゲンが合成されるときに、このビタミンCがその働きをサポートしてくれるため。肌を作るために大切な役割を果たしています。

また、ビタミンCは美白にも有効な成分。抗酸化作用をもち、肌にシミやくすみが出来るのを防いでくれます。

 

ビタミンA

ビタミンAも、肌を作る機能をサポートしている成分です。このビタミンAが足りなくなると肌が乾燥してしまいます。エイジングケアにも有効と言われているのもビタミンAの特徴ですよ!肉、魚やチーズなどに多く含まれています。

 

βカロテン

緑黄色野菜に豊富に含まれている美肌成分です。なんと、ビタミンAに変化することも出来るマルチプレイヤー。

 

ビタミンB

エネルギーを作るのに大きな役割を果たしているビタミンBは新陳代謝を高めてくれるので、若々しくキレイなお肌を作ることができます。ビタミンBにはいくつか種類がありますが、ここでおすすめなのはビタミンB2とB6。B2は肌荒れを防ぎ、代謝をサポートする働きがあります。ビタミンB6は皮脂過剰を抑えて、テカリを防止。ビタミンB6が足りなくなると、発疹しやすくなります。

 

ヒアルロン酸

圧倒的な保水力を持つ成分として有名なヒアルロン酸は、私たちの肌に元々存在する成分。肌を構成するタンパク質の隙間をヒアルロン酸が埋めることで、潤いとハリ・弾力が保たれます。

 

まとめ

肌と内臓って、目には見えないためになかなか関連性を見出しづらいですよね。

ですが、口から入った食べ物が、内臓で消化吸収され、それが血液に乗っかって肌まで届く・・・という一連の流れを考えてみると、納得の繋がりではないでしょうか。

もしかすると、今起こっている肌悩みの原因は内臓の弱りであるという可能性さえあります。

それほどまでに、美肌を作るには食べ物に気を付けることが重要です。

肌にとって大切な食生活を見直して、内側からの美しさを手に入れてみてはいかがでしょうか?