肌荒れ

「このシミ、なんとかしたい!」化粧品でのシミケアって、効果あるの?

シミって、気がつくと増えていたり、大きくなっていたりしますよね。見た目にも目立ちやすいですし、どうにかしたいものです。でも、クリニックに行くほどではないし、かといって、普段の生活でどのように対処したらいいのか分からない…。

そんな場合には、毎日のスキンケアでのシミ対策をすることをお勧めします!出来てしまったシミは、ものによっては完全に消すことは出来ませんが、それでもちゃんと手間をかけてあげれば、シミが薄くなることも十分考えられますよ!

 

種類別:シミが出来てしまう原因

シミには種類がある!

化粧品についてお話する前に、まずシミには種類があり、それぞれ原因や対処法が異なることをお話しておきます。

 

炎症性色素沈着

「肌荒れ記憶じみ」ともいわれ、炎症や傷などが治る段階で色素沈着し、シミとなったもののことを言います。ニキビ跡や傷跡などは、本来であれば一時的に茶色くなっても消えていくものなのですが、炎症性色素沈着として残ってしまう場合もあるのです。

<対策>

ターンオーバーがうまくいかずに古い角質が残ってしまった状態がこの炎症性色素沈着でもあります。ピーリングや角質ケアでターンオーバーを促してあげることにより、シミの状態を改善することに繋がります。

 

 

老人性色素斑

「日焼け記憶じみ」といわれ、一般的なシミのことです。紫外線が原因によるシミで、紫外線のケアを怠っていた場合に多く現れます。加齢とともに増えていくため、エイジングサインとして認識されるシミです。

<対策>

まずは、紫外線の影響を受けないように、日焼け止めやUVグッズを活用することが大切です。また、出来てしまった場合は、薄い段階であれば美白成分による効果が見込めます。時間がたち真皮まで定着したものに関しては、化粧品による効果実感は難しいと言われています。

 

脂漏性角化症

イボのように出っ張った状態のシミのこと。黒色に近いものもあります。良性腫瘍で、紫外線の影響により大きくなることがあります。

<対策>

これは出来てしまうとクリニックでの治療でしか治すことが出来ません。炭酸ガスレーザー、液体窒素などでの治療が考えられます。

 

雀卵斑

いわゆる「そばかす」のことで、雀の卵の柄に似ているためにこの名前がついています。目の下あたりに出来ることが多く、非常に細かいのが特徴。

化粧品により薄くすることは出来るものの、主な原因は遺伝のため、根本的な解決は難しいのが現状です。

<対策>

こちらも、クリニックでの治療が出来ますが、遺伝要因が大きいため、もしかすると再発の可能性もあります。また、悪化しないように紫外線対策を念入りにするのが重要です。

 

肝斑

ぼんやりじみとも言われる肝斑は、左右対称に出来ることの多いシミです。茶色っぽかったり、灰色っぽかったりします。原因不明のシミではあるものの、女性ホルモンが原因ではないかと言われています。

<対策>

トラネキサム酸という美白成分があるのですが、これを数か月服用することにより薄くなる可能性があります。

 

シミに効果的な化粧品とは

シミを薄くするのに有効な成分

シミのできるメカニズムとして、肌がダメージを受けた際に肌が防衛機能として「メラニン」と呼ばれる色素を分泌し、それが排出されずに肌に残ってしまった状態のことを言います。

肌は、紫外線などのダメージを受けると「メラニンをつくれ」という指示を出し、身体を守ろうとします。

この信号を妨げてシミの原因を抑制する美白成分が、下記の成分です。

<メラニン生成の信号を妨げる成分>

・カモミラET

・t-AMCHA

・トラネキサム酸

 

また、その信号の後に、メラニンが生成され始めたタイミングで、チロシナーゼ活性酵素というものがメラニン色素を作ります。このチロシナーゼ酵素の活性を阻害する成分もあります。

<チロシナーゼ酵素の動きを止める成分>

・ビタミンC誘導体

・ハイドロキノン

・コウジ酸

・トラネキサム酸

・プラセンタエキス

 

これら、メラニンの色素が作られる段階でシミの原因を根絶やしに出来る成分が、美白予防には効果的です。

 

薬用化粧品・医薬部外品の美白成分

美白に効果的な化粧品を選ぶ基準として、厚生労働省が認めた成分が一定量以上入っているかというのも判断材料になります。

厚生労働省が認めている美白成分には、以下があります。

 

・ビタミンC誘導体

・アルブチン

・エラグ酸

・コウジ酸

・ルシノール

・リノール酸

・カモミラET

・トラネキサム酸

・マグノリグナン

・プラセンタエキス

 

これらの成分が配合されていることが、美白効果を期待できる化粧品を選ぶ基準の一つといえます。

 

美白化粧品は効果実感までに時間がかかる!長く使えるものが大事

美白化粧品による効果を実感するには、最低でも1シーズンは見る必要があります。毎日使い続けることにより、徐々に効果が見えてくるものですので、オールシーズン使えるものを選ぶようにしましょう。いくら高級な化粧品を短期間使用したところで、その効果はすぐには実感しにくく勿体ないことになってしまいます。予算内の化粧品で長く続けるのが、シミ改善だけではなく、予防にも繋がっていきますよ。

 

本気で治したいなら、ライン使いをしよう!

美白化粧品の中には、オールインワンタイプのものもあります。オールインワンタイプって時間も手間もかからないし、おまけに経済的で魅力がありますよね。

ただ、オールインワンタイプのデメリットとして、ライン使いに比べて効果が低いというものが挙げられます。それよりも、化粧水で水分を補給し、美容液で栄養を補給して…と一つの効果を肌に浸透させることのできるライン使いがおすすめ。特に、シミには美白美容液を使うことが、より大きな効果実感を期待できます。

 

予防も大事!化粧品で出来る、シミ予防

 

パウダーファンデを使う

パウダーファンデーションをしっかり塗ると、シミが出来にくいという情報があるのはご存知ですか?UVカットが入っている・いないに関わらず、このタイプのファンデーションには紫外線防止作用があると言われています。化粧下地を使うとメイクが定着しやすくなりますので、一緒に利用することをおすすめします。

 

ピーリングでターンオーバーを促す

シミの改善にも予防にも効果的なのが、ピーリングによるケアです。ピーリングとは、古い角質を除去するスキンケアのことで、既に出来てしまったシミを薄くすることも期待できます。

 

保湿をたっぷりする

肌が乾燥したり、炎症をおこしてバリア機能が低下すると、紫外線などのダメージを受けやすくなります。バリア機能を高めるためには、コラーゲンやセラミドなど、肌の土台を作る成分に加え、ヒアルロン酸など水分を保持する成分を補給してあげることが有効です。肌が潤い、保湿されていれば、紫外線だけでなく様々な肌刺激から肌を守ることが出来るので、保湿による予防対策は是非してみてほしいところです。

 

まとめ

シミって一度出来てしまうとなかなか取れず、気になりますよね。ですが、シミの程度にもよりますが、努力次第ではシミを薄くしたり、消す方法は存在します。特に医薬部外品の化粧品は、薬の次に効果があるとされていますので、美白への効果もある程度は期待することが出来ます。

シミのケアにとって何より大切なのは、毎日続けることです。あなたに合う、毎日続けられる美白化粧品を使用して、シミのお悩みとはおさらばしてしまってくださいね。